「『でも、ふりかえれば甘ったるく』をふりかえれば甘ったるく?」の第2弾がBAUSにて公開されました。

「でもふり」スピンアウト企画として始まったこのリレー企画。第2回は著者のひとり、mao nakazawaさんのエッセイです。

どのようにしてmaoさんが「でもふり」を書くことになったのか。写真を交えてその当時の心境が語られています。

『でも、ふりかえれば甘ったるく』をふりかえれば甘ったるく?ーmao nakazawa #2 物語のはじまり

カテゴリー: CINEBOY